スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜の出来事




葬儀のあった夜。

私の尊敬する音楽家の方が
宮沢賢治の「星めぐりの歌」をアレンジした出来立てホヤホヤの曲を
お子様とどうぞ聴いてくださいと、
ご連絡頂きました。

早速コドモたちと聴きました。

理科の授業で星座を勉強した長男は
星空や月の観察をするのが好きになり
夏の新潟でも、溢れるくらい星が輝く夜空を
家族4人で眺め、
主人が先生となり特別野外授業をしたものです。

この歌にも星座が出てくるので
早速
マンションの最上階へ。

東京の空は雲一つなく
新潟ほど星は見えませんでしたが
冬の星空を3人で眺めました。

「きっとひいおばあちゃんは、キレイな星空にいるんだねー」

コドモたちはそう思ったそうです。

彼らしい非常に優しく、幻想的にアレンジされた曲を
その晩ずっと聴いていました。

コドモたちはずっと
「あかいめだまのさ~そり♪」っと
歌っていました。

教科書で勉強するよりも
ずっと大切な事だと感じました。

私は非常にありがたくて、嬉しくてというキモチと
悲しみと寂しさもあり
いろいろ入り交じって
ポロポロ泣いてしまいました。


喪中葉書を作る予定です。
人生初です。

印刷屋さんに注文するのではなく
私が
作ろうと思っています。

画家であったおばあちゃんの
繊細で優しい絵を
使えたらいいなと考えています。

喪中葉書だって
愛情込めて作りたいのです。

東京にいる
嫁の出来る事って
これくらいかしら。うふ。






PROFILE

taeco

Author:taeco
少しの写真と子育てと。

サイト内の写真の無断使用・転載はお断りです。
よろしくお願いしますー。

SELECTED ENTRIES
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

BP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。